バストが大きい人の末路

私は10代の頃からバストが巨大だった。

最初に結婚した相手にも、『一緒に歩くと恥ずかしい』と真顔で言われた経験もある。

大きくてキレイならまだしも、左右が非対称。
産後の検診では助産師さんから『左右が非対称、ガンなのでは??』と疑われたことも…

ルーナブラは育乳効果なし?鈴木奈々愛用ナイトブラの口コミを辛口評価!

若い頃は大きさは武器にもなっていた気がするのだけど、半世紀くらい生きてしまうと胸の筋肉が衰え当たり前だけど垂れ下がってくる。

ブラジャーなんて日本の最大サイズは市販ではHが最大のお店が多いとおもうのだけど、私の胸の大きさは海外製じゃないと対応できないサイズに近いため。

可愛いデザインのブラなんてつけたこともない。これは本当に悲しくて辛い。泣きそうな事案だった。

いま販売中のナイトブラだって、キレイで可愛いものもあるけど当然サイズが合わないから買えない。

まだ、デザインだのサイズだのといった悩みなんて、高齢になった大きな胸の悩みはそんなもんじゃ事足りなくなっている。

大きな胸は高齢になるとさきほども言ったけれど、垂れ下がってくる。

そうすると、医師ではないので原因は定かではないのだけど、ビーンとした強烈な痛みが胸を襲うようになった。もしやガン??と恐怖にもなり乳腺外科で検査するも異常なし。

毎月生理ちかくになるとこの強烈な痛みが容赦なく襲いかかってくる恐怖と対面するのが大変。

結局、痛がっているわけにもいかなくなった私は筋トレすることにした。

死んでもやりたくなかった腕立て伏せ、これをほぼ毎日やったところ。胸の位置が少しずつ上っていき。不思議と強烈な痛みもなくなった。

垂れ下がった胸が、きっと体の内部で支障をきたしていたのは体験的にわかった時事部でした。

若い頃、大きいバストサイズを自慢している人も。半世紀をすぎると恐怖体験が待っている。