脂肪を燃焼しやすい体は、タンパク質で作る

ダイエットに気をつけているときに間違えやすいのは、単純に食事のカロリーを減らそうとしてしまうことだと思います。
太りにくい体を作るためには、バランスのとれた食事が大切。
しっかり食べて体に筋肉をつける方が、カロリーを消費しやすい、痩せやすい体を作ることができます。

PLUEST(プルエスト)の口コミ

ですので、ダイエットをしているときでも、お肉や魚などのタンパク質を避けることは、あまり良くありません。
タンパク質は筋肉を作るもととなる栄養素。
これがないと筋肉量が減ってしまいます。
筋肉は脂肪を燃やす働きがあるので、筋肉が少ない体は、脂肪を燃やしにくい体となってしまうのです。

そうするとどうなるか。
燃えない脂肪は体にストックとしてため込まれていきます。
また、熱を生む筋肉が少ないと、冷え症の原因にもなります。
冷えた体では脂肪を燃やすことができず、悪循環に。
それだけではなく、血行も悪くなるために、水分もたまりやすくなり、むくみの原因となることもあります。

水分も脂肪もため込まない体が、ダイエットには理想的です。
そのためにはタンパク質をしっかり取ることが大切。
タンパク質はお肉や魚、卵、大豆から摂取することができます。
豆腐や納豆などの大豆製品もグッドです。