生活習慣と口臭について

普段何気なく生活していて口臭を気にする場面はどのような場面があるだろうか。友達と話している時、恋人と一緒に居る時、匂いが強いものを食べた時など様々な場面が想定できる。

http://ihostdz.com/

身なりや所作をどれだけ気をつけていても周りの人に口臭がきついとおもわれるのは誰だって恥かしいことだろう。口臭は自分で確認することが難しいことため気にしていている人も多いと思う。

口臭の原因は主に歯周病や肝臓疾患など病気に関連するものが多いとされているが、その他にも食べたものや生活習慣など口の中と体の影響と言われており空腹時や緊張した時などにも匂いがきつくなる場合もある。

多くの原因が挙げられるが、いずれにせよ匂いを抑えるために普段がから対策を行うことが大切である。まず最も有効とされていることは歯磨きを念入りに行うことだ。歯磨きは口の中の細菌を落とすことだけではなく衛生面で口の中を清潔に保つためにとても重要なことである。歯だけではなく歯と歯の隙間や舌も丁寧に磨きあげることでしっかり対策をするべきである。

また匂いを抑えるため水を適宜とることも有効と言われており、水で流すことにより幾分匂いがきつくなることは抑えることが出来る。タブレットやガムを持つ歩くのも対策の1つである。個人差はあるが普段の習慣で匂いを抑えることができると言われているため毎日の行動を意識することが大切だ。