年相応の髪質と向き合う

年相応のファッションは必要と思っていますが、それに合わせて髪型も年相応にしなくてはと思います。ボタニカルエアカラーフォーム

年相応というとマイナスのイメージを持つ人がいるかも知れませんが、年相応はむしろ重要なのだと思います。

逆に年相応になっていないのは、どことなく痛々しい印象になるとも思います。

では、なぜ年相応じゃないと駄目なのかと言うと、髪質の変化がその主要因ではないでしょうか。

私自身、20代の頃はリーゼントっぽくセットをしていました。ロックが好きな私はこの髪型を一生続けていこうと思っていたのです。

しかし、40代にもなると髪質や肌質は変化しているので、髪のボリュームも少なくなり、ハリやコシも失われ、白髪も増えてしまいました。白髪でしたら、染めればそれでなんとかなるのですが、ボリュームやコシはどうしようもありません。

それに合わせて、体型や肌も衰えているので、髪質だけ変更しても、全体的なスタイルに違和感を覚えてしまうのです。

リーゼントが流行の遅れの髪型ということだけでなく、そもそも若者にしか似合わない髪型だというのを理解し受け入れるのは大変なことかもしれません。

しかしそれを受け入れる事で、自分自身の髪質とも付き合えるのではないかなと考えます。