お尻を鍛えようとしたら!

筋トレはどの部位なのかによってやることが違います。腕とか腹筋はかなり鍛えやすいですね。特に男性なんかは重いダンベルをやるというのが気持ちいいという人もいたりするので腕を鍛えることは高いハードルではないです。

快糖茶は市販の販売店で取り扱いあり?購入して飲んだ効果と口コミ評価!

そして、割りと鍛えにくいのが尻。尻、つまりはヒップ。これを鍛えるのはやり方を知っていないときつい。そこでお勧めなのがヒップリフトです。インナーマッスルを中心にバランスを取ろうとすることによって鍛えられる部分は多いのですが、やり方次第では効果的にお尻も鍛えることが可能。ヒップリフトのやり方ですが、まずは寝ます。仰向けに寝ましょう。そして膝を軽く曲げて、手は自分の両端に置きましょう。

そしてその状態でお尻を持ち上げていくわけです。そして、またゆっくりと戻す、ということになります。これがヒップリフトであり、お尻を鍛えることができるトレーニングであり、割ときついです。そこそこ腹筋も使うことになりますのでそちらの面での期待することができるでしょう。15回を一回として3セットをするようにしましょう。大抵の筋トレはおよそ3セットぐらいを一つとしてやるようにしましょう。ちなみにお尻も攣ることがあります。