正しい歯の磨き方について

歯の正しい磨き方をご存知でしょうか。

きちんとしたブラッシングは、虫歯や歯周病予防になるだけでなく、口臭予防にも役立ちます。

是非この機会に日頃の歯磨きを見直して見ませんか?

まず歯を磨く前にお使いの歯ブラシの硬さについて確認しておきましょう。

イニオを3ヶ月飲んだ効果!

歯ブラシの硬さには硬い、ふつう、柔らかいなどありますが、歯が健康な方にはふつうの歯ブラシ、歯が傷んでいる場合にはやわらかめのものがオススメです。

次に歯ブラシの持ち方についてですが、毛先が広がらない程度を目安に、優しく持つようにしましょう。

そして、歯を磨く際は、なるべく小さく動かし、一本ずつ丁寧に磨くことを心掛けましょう。

汚れの付着しやすい歯の表面は歯ブラシを真横に当てましょう。歯ぐきが弱っている方は、少し斜めに構えて、優しく磨くようにしてください。

磨き残しの多い利き手側の奥歯の裏側は、少し斜めに歯ブラシを入れ、前後に細かく動かすのが良いでしょう。

また、前歯の裏側は歯石がつきやすいので、歯ブラシを縦に入れ、ブラシの角を使って磨くのが良いです。

最後に、歯ブラシの交換についてですが、徐々に毛先が痛んで拡がっていってしまうので、大体一ヶ月を目安に交換するようにしてください。

毎日の歯磨きを正しく行い、健康的な歯を目指しましょう。

子どもにも口臭ケアがオススメ!

可愛い我が子を見ると、控えめに対応するのが良い付き合いになることは分かっていても、なんとなく自然と周囲にアピールしたくなりませんか?

そういった気持ちを抑えて、上品に我が子の評価をランクアップさせる方法をご紹介します。

辛口評価!イニオの効果と私の口コミ!飲み方から解約方法まで徹底レビュー!

それは、子どもの口臭対策です。

子どもは特に、生理的口臭という、寝起きや舌の汚れ、鼻炎など、気になる口臭につながりやすいのです。

敏感な子どもはストレスにまでも左右されるとのことです。

ランチの後に歯磨きをしたりして、大人は日常的に口臭対策を行いますが、子どもはどうでしょうか。

そうです、子どもにも口臭ケアを取り入れてみましょう。

虫歯対策にもなり、一石二鳥ですよ。

具体的には、水分をしっかりとって、できることなら口呼吸を控えると、これだけで改善しやすい悩みです。

子どもはもともと唾液が多いのですが、口呼吸になりやすかったり、免疫も下がりやすいので、唾液の量が減りやすいのも確かです。

鼻水などの免疫が下がっているサインが何かしら出ていたり、暗い雰囲気で悩んでいそうだったら、察知して水分を与えてみましょう。

唾液が少なくて洗い残された舌の汚れも、水分で流すことによって、十分口臭対策になるのです。

子どもの口臭対策は特別なことはしないので、とても簡単です。

心掛けて取り組むことで、すぐに解消されるはずです。